プロフィール

HIROKO TERASHITA

Author:HIROKO TERASHITA
スノーボードに惹かれ、大阪(堺市)から北海道に移住

以前はプロスノーボーダーとして選手活動していました。
スノーボードクロスでトリノを目指し、ナショナルチームにもなりましたが、3年ほど後、選手を引退しました
その直後に胃癌が発覚!
即手術しましたが、発見が早いのと若かった為、その冬のシーズンにはスノーボードしていました
今はもう5年以上たち再発はありません。
その後もインストラクターやコーチ、イベント主催などをしながら、メインスポンサーであるDROPS SURFにてカリスマ店員などをし、スノーボードに携わる生活をしておりました
15年ほど北海道と大阪、たまに岐阜県高山市を行き来していましたが、2013年のスノーボードシーズンを終了を機会にに大阪に戻る事を決意!

帰ってすぐに、将来を共に過ごしたいと思う男性と出会い、2013年11月23日に結婚し「宮本ひろ子」となりました

最近は登山にはまっています

自分の思うとおり自由気ままにいきたい!
スノーボードや登山などの楽しいことを伝えていきたい!
楽しいことで出てくる笑顔がみんなに伝染しますように★

スポンサー

メイン..........DROPS SURF

SNOW BOARD.....YONEX(SMOOTH)

バイン.........UNION

ブーツ........DEELUX

WEAR..........BURTON(SHOP-GIRL)

ビーニー..........Maather396

GOGGLE......TERMINAL

GROVE........BURTON(SHOP-GIRL)

アパレル系.......Maather396
..................TERMINAL
..............BURTON(SHOP-GIRL)

バックパック・・・・deuter(IWATANI PRIMUS)

塗装系.........Azumerry prezents

その他..........LODGE (網走)
..................木村自動車(堺、泉田中)
..................QUEST(栃木)

Flashカレンダー
最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡平~弓折~大ノマ~抜戸~笠新道

9月28日 木曜日
最初の予定は鏡平往復で計画を立てていた。

朝6時前に起床。
天気が心配で窓から外を覗いてみる。
やはり曇っていた・・・・・が10分ほど待つとちょっとだけ青空が見えた。
その瞬間、体が動いた。
おにぎりを作る。
食堂のおばちゃんがこれを入れたらいいよと鮭をくれた。
今日はちょっと豪勢な鮭おにぎりだ!!

7時出発。

ワサビ小屋に7時55分着。
水を汲んでまたすぐに出発した。

15分ほど歩いて小池新道に入る。
小池新道

川沿いの道を歩き少ししたら木のトンネルっぽい登りに入る。
アスレチックみたいで楽しかった。
小池新道より残雪発見
まだ残雪があった。
これはもう解けないだろう・・・。
蜘蛛の巣と朝露
蜘蛛の巣に朝露が・・・とても綺麗でした。

橋に到着。
8時45分。

イタドリヶ原 9時15分

シシドウヶ原 9時45分

鏡平池 10時15分着

残念ながら霧がかかっていて槍ヶ岳が見えない・・・
しょうがなくおにぎりを食べてコーヒーを飲んで少し待つ。
すると霧が少しずつ晴れてきた。
鏡平池

思っていたよりもずっと高くに槍ヶ岳が見えた。
鏡平といわれるだけあって池に綺麗に写っていた。
待ったかいがあったなあ!!

その時に私と同じように一人で登ってきた女性がいた。
話をしているとなんだとてもか気が合いました。
その人は私なんかよりもっと山をあっちこっち登っているMミさんというすごいエネルギッシュな女性でした。
Mミさんはもう少し先を行くというのでなんとなく私もつられて一緒に行ってみることに・・・。
鏡平山荘
鏡平山荘
鏡平山荘より見える景色

すぐ横に桟橋っぽいのがあって綺麗に山がみえる!

11時20分に鏡平を出発

弓折岳には12時に到着。

山の尾根沿いを歩く。
双六岳や鷲羽岳が綺麗に見え紅葉も少しはじまっていました。
双六岳

北アルプスはすごい!!としか言いようがない。
広大で色鮮やかな景色は写真では現せません。
自然ってすごいなあ。。。

大ノマ岳付近で12時30分着
タテヤマリンドウ、チングルマの綿毛、等など色々な花が咲いていました。
タテヤマリンドウ
タテヤマリンドウ
チングルマの綿毛
チングルマの綿毛

霧のかかった秩父岩。
秩父岩
幻想的で水墨画のようでした。

抜戸岳 2時着。2813m。

そこから笠新道で、ここからずっと下りです。

杓子平(シャクシダイラ)を通る。
ここがまたすばらしい!!
私はここが一番感動した場所かもしれません。
めっちゃ広くて紅葉が少しはじまりつつ、岩場と草原が広がっている。
アルプスの少女ハイジの世界のようだ!
是非一度いってもらいたい!
シャクシダイラ

雷鳥がここでよくみられるらしい。
写真で撮ったが納得いかない写真だ・・・もっともっと綺麗なんですよ!!

急なくだりで登ってくる人を尊敬の眼差しでみてしまいました。
だって降りることがとても急で辛いのに登るのはもっとつらいはず!!

笠新道を下りきるまで3時間かかりました。
本当にこの下りがきつくてちょっと・・・いや大分後悔しました。
膝が笑うどころか大爆笑でした

このごろは日の暮れるのがはやくちょっと暗くなりかけていました。
最終的に到着したのは5時45分。
出発してから約11時間。
歩いたのは約10時間。
私の今までの最長記録です。

めっちゃしんどくて途中何回かMミさんについて行ったことを後悔した。
けど終えてみてめっちゃ楽しかった。

この人と出会わなければこういう登山をしなかっただろう。
ハードだったけど私の自信にも繋がりました。
よい山々の景色と素敵な出会い。
最高の一日でした。


今度は連休でお休みをいただけたので槍ヶ岳を目指します!



めぐちゃん
Mミさん。私の尊敬する登山家!
ありがとねえ!本当に楽しかったよ!
また一緒に登ろうね!


PS.このルートは1泊2日のルートでそれを1日でやっちゃいました(笑)
スポンサーサイト

焼岳登山

9月19日 火曜日


Nミちゃんと休みがかぶり登山をしようとい盛り上がっていました。
が、当日の朝、雨がパラパラ・・・。
どうしようかとせっかくの休みがもったいないので行くことにした。

おにぎりを2個握って!

7時出発 

雨がきつくなってきたので合羽を着用した。
しかも新しく買ったモンベルのゴアのレインコート!初のものってうれしいですよねえ♪

最初はコンクリートの道を歩く。

少し歩くとコンクリートが終了。
くねくねと少し急な山道を。
登山道
久々のせいかちょっと辛かった・・・。

途中、白水ノ滝が見えるポイントに差し掛かる。
白糸の滝

秀綱神社9時20分(秀綱ゆかりの地らしい)
秀綱神社

山荘 9時45分着。
焼岳山荘

少し休憩した。
雨もやみなかなか天候が回復に向かっていた。
10時5分出発。
展望 10時15分。
ここから焼岳がよく見える・・・はずが、ガスがかかったり晴れたりで微妙でした。
焼岳を望む


苔の草原が広がる。
苔の丘

黄緑でとても綺麗。
幻想的な風景でした。
苔の丘2
苔を間近で撮った写真、まるで絨毯のよう・・・

ここからは岩場の登り。
活火山の山だなあとシミジミ思わされた。
山頂付近にガスが噴出している場所がある。
硫黄の匂いとガスの噴出すすごい音。
噴出

岩場が白や黄色っぽく変色していた。
焼岳山頂 11時15分 2455m
焼岳山頂

ガスは完全には晴れませんでしたが結構見えたはず。
焼岳の火口湖がありその周りも綺麗に色づいていました。
火口湖

ちらほらと上高地も見えて壮大な景色が広がっていました。
これが登山の醍醐味なんだろうなあ・・・。
登らないとみれないこの景色・・・

山頂で昼ごはん。
寒かったけどやっぱりおにぎりくらいは食べておかないと!!
異様に美味しく感じたおにぎり・・・ありがたかったなあ・・・。

そして下山。
途中、ゆっくりとお昼が出来なかったので途中もう一回休憩してちゃんとランチしました。
お湯を沸かしてコーヒーを飲みもう一つのおにぎりを食べまったりしていました。

13時山荘
13じ10分出発
15時無事下山。

雨でどうなるかと思ったけどなかなか印象深いいい登山でした。

あきらめなくてよかった。
登ってよかった。
いかなければ絶対後悔してた一日。
それが満足の一日になりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。