プロフィール

HIROKO TERASHITA

Author:HIROKO TERASHITA
スノーボードに惹かれ、大阪(堺市)から北海道に移住

以前はプロスノーボーダーとして選手活動していました。
スノーボードクロスでトリノを目指し、ナショナルチームにもなりましたが、3年ほど後、選手を引退しました
その直後に胃癌が発覚!
即手術しましたが、発見が早いのと若かった為、その冬のシーズンにはスノーボードしていました
今はもう5年以上たち再発はありません。
その後もインストラクターやコーチ、イベント主催などをしながら、メインスポンサーであるDROPS SURFにてカリスマ店員などをし、スノーボードに携わる生活をしておりました
15年ほど北海道と大阪、たまに岐阜県高山市を行き来していましたが、2013年のスノーボードシーズンを終了を機会にに大阪に戻る事を決意!

帰ってすぐに、将来を共に過ごしたいと思う男性と出会い、2013年11月23日に結婚し「宮本ひろ子」となりました

最近は登山にはまっています

自分の思うとおり自由気ままにいきたい!
スノーボードや登山などの楽しいことを伝えていきたい!
楽しいことで出てくる笑顔がみんなに伝染しますように★

スポンサー

メイン..........DROPS SURF

SNOW BOARD.....YONEX(SMOOTH)

バイン.........UNION

ブーツ........DEELUX

WEAR..........BURTON(SHOP-GIRL)

ビーニー..........Maather396

GOGGLE......TERMINAL

GROVE........BURTON(SHOP-GIRL)

アパレル系.......Maather396
..................TERMINAL
..............BURTON(SHOP-GIRL)

バックパック・・・・deuter(IWATANI PRIMUS)

塗装系.........Azumerry prezents

その他..........LODGE (網走)
..................木村自動車(堺、泉田中)
..................QUEST(栃木)

Flashカレンダー
最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪観光♪

大阪観光!?

私、大阪人なのに観光・・・。
してまいりました。

フミコが札幌からきてたので一緒に大阪観光へ


まずは行ってみたかったす水都大阪2009へ

フミコと梅田で待ち合わせたがなかなか会えず(笑)

なんとか合流してよ淀屋橋へ

淀屋橋から天満橋まで川沿いを歩く。

まず大阪市役所前で行われてるプラレール
水都大阪1
すごい規模のプラレール
また明日、甥っ子を連れていきます。
そして川ぞいをあるくと色々な催しがありました。
綺麗な風の風鈴のよう道。
ところどころ水のミストが噴出していた。
水都大阪2
これが見たかった火を吹くドラゴン。
が今日は動かないとのこと・・・
残念。。。
水都大阪3
そして綺麗な風車がシャリシャリと穏やかな音を奏でていて涼しげだった。
水都大阪4
そして風車の奥に見えるのは!!
水都大阪5
これも見たかったもう一つのアヒルさん
水都大阪6
でか!!!
横に見える船は結構大きいたしか40人くらいは乗れるであろう船です。
大きさがわかるでしょ!!

ランチしてまた歩いて淀屋橋方面まで戻る。
大阪を反映させたという五代友厚の像。
水都大阪7
これも噂?にきいていたので見れてよかった。

そしてアリチャン合流。
色々歴史にかかわることなど案内してもらいほおーーーっと関心してた。

その後、心斎橋に行って難波まで歩き、その間グリコやたこ焼き、食いだおれ次郎、法善寺横町などなど、かなり歩いたけど、楽しかった。
そして最後は難波パークスへ
水都大阪8
夕日を見ながら夜景に変化した。
綺麗だった。
イチャイチャカップルの間をワイワイといいながらかなり雰囲気をつぶしながらあるいた。
それもかなりうけた(笑)

ラストは大好きなお好み焼きを食べに行きFINISH♪
みんなかなり満足してくれてた。


さすがに疲れました。
歩くのは慣れているが人ごみが・・・



そして次の日は堺の名物のかん袋のくるみ餅へ
水都大阪9
久々食べた。
おいしーーーー!!
氷くるみと普通のくるみと2個食べた♪
そしてりんくうで買い物ぶらぶらとした。
水都大阪10
ここも久々来たら変わっていた。
ゴディバのチョコシェーキを食べた。
おいしかったけど、560円もした。

ブラブラとしてたら時間がきた。

時間がたつのは早いなあと思った。
フミコと別れてもう少し一人で買い物!
お気に入りの帽子をGET!

そして岐路に着いた。

の途中、実家の近くの景色。
キラキラと輝いてすごい綺麗だった。
水都大阪11
思わず車をとめて写真を撮ってしまった。


久々に帰ってきてる大阪。
変わってた。
なかなか面白いと思った。

いい大阪観光だった。
スポンサーサイト

H&H 夏山登山編

さてさて、今回初めてやってみた、H&H 夏山登山 バージョン。

いつも冬に登ってるH&Hの仲間で今度は夏山に挑戦!!


日程はやっぱ週末だということで9月12,13日で行われた。

目指す山は私が案内できる山ということでやっぱ北アルプスでしょ♪


いろいろ考えた結果、双六岳にした。

槍がバリっと見えて綺麗で山荘も素敵だし、そんなにきつくないし、危ない場所はないし!


集合は新穂高温泉口に6時集合6時半出発。

ですが、その日はあいにくの雨・・・。
それに遅刻者もいたため出発が遅れた。
2時間遅れの8時半頃に出発。

の前に集合写真を!!
H&H 夏山5
プッコとマヤチャン、のぶくん、あいちゃん、コクーン、きよちゃん、私の7人。

楽しくゆっくり登ろう!!
そして夏山も好きになろう!
という私が作ったテーマを基に登った。
(そういうテーマ、今はじめて発表したが・・・)


やっぱ雨だとテンションちょっと下がるかもねえ。
と思いながら雨の中を歩くが私は思ったより楽しかった。
あまり登山の時雨にあたらないので、こういった雨にぬれた森林の中をあるくのもなかなかいいものだなあと、ちょっと新鮮だった。
でかい蛙にびびりながら・・・。

わさび平に到着。
休憩してまた歩き出す。

小池新道に入る。
やっとすこしのぼりに入る。

今年は初めての道でなんだかうれしい♪

綺麗な登山道。
とても楽しい道のりなので、こういう道のほうがみんな楽しめると思ったが、雨なので景色が見えず半減・・・。
イタドリヶ原、シシウドヶ原も久々に通った。
思ったより水が増水していていつもの小池新道ではなかった。
まるで沢登りのようになっていた。

そしてなんだかんだ、いろいろありながら鏡平に到着したのが14時。

雨もなかなかの降りっぷり。
しかも寒さが増す。
風も吹いてきた。
目指すは双六小屋。
まだ後コースタイムでは約2時間。
ぷっこと相談し、この雨だし、寒さや体力、時間など、考えた結果あきらめて鏡平に泊まることにした。
団体行動だし、何よりもみんなの安全が一番!!

ほっとしてみんなも意見が合致し、早速着替えてほっこりした。
お湯沸かして、コーヒー飲んで、写真で双六を堪能した(笑)

晩御飯の時間です。
H&H 夏山8

H&H 夏山7
やっぱご飯はうれしい♪

みんな雨だけどワイワイと楽しくいただいた。


そして夜は部屋のストーブの前でリュックなどをかわかしながらガールズトークが耐えなく続く。
H&H 夏山4
メンズはずーーーーっと寝ていた。

そしてお酒も少し入り、8時過ぎになると明日の準備でそれぞれ荷物の用意を。
一応、次の日は晴れると望んでの行為で、弓折岳にご来光を見に行くという準備で!


そして就寝。






夜中結構風が強かった。






朝、4時前に起きて外を見に行ったが・・・
OUTでした。

しょうがなく、もう一回ねた。




そしてゆっくりおきて朝食をいただいてかばんをおいて弓折岳まで出発。

うーーん・・・晴れてくれーーーーー!!

と思いながら登る。

が、晴れず・・・。
H&H 夏山1
みんなで記念撮影。
H&H夏山2
そしてお湯を沸かして朝のコーヒーをいただいた。

とりあえず山頂を踏めたことがうれしかった♪


そのあと、トリカブトやリンドウ、ヤマハハコ、遅咲きのニッコウキスゲもいた。

こうやって花をみんなに教えながら、自分も勉強しながらの山は好きだ。
景色だけじゃなく、山野草に興味を持ってもらうのにはよかったのかもしれない。

そうすると少しずつ霧が晴れてきた。

そして鏡に戻った時、晴れた。
そして槍が顔を出した。
H&H 夏山6
うっすらと槍が白く見えるのは雪でしょうか・・・。
霜でしょうか・・・。
H&3 夏山1
なかなかいい景色にみんなでうっとり。
少しでもいい景色を見てもらえてよかった♪


また来た道をゆっくり降りる。

前日とは打って変わっての私が知ってる道になっていた。
増水の道ではなくなっていた。


ゆっくりと下る。

下りながらいろいろ考えた。

今回初めてあきらめたという行動に出た。
自分だけの単独行動ではなく団体行動でみんなの命がかかっている。
だからこそあきらめた。
そしてあきらめるということを覚えた。
またひとつ成長したなと思った。


小池新道が終わり、わさびの道に入る。
ゆっくり話ししながら下る。

蛙はいなかった。



そして無事新穂高温泉口に到着。

温泉に入り、ほっこりまったりした。


みんなさすがにお疲れの様子。


けど、何より無事でよかった。



来年はリベンジで2泊3日の双六から笠ヶ岳縦走をねらうぞ!
といったらみんなちょっとやる気だった。


雨でちょっと残念だったけど、みんな楽しかったと言ってくれた。
そして来年リベンジするといってくれた。
いい笑顔だった。

それが何よりの私のご褒美だとうれしかった。


みんなお疲れ様でした。

次は北海道で会いましょ♪



H&H BC なかなか素敵でしょう♪





槍ヶ岳から西穂高岳縦走 Vol.3

3日目

4時少し前に起床

準備して4時半前に奥穂に向けて出発。
もちろんご来光を見るためだ。

今年3回目の奥穂高岳。
しかもここ1ヶ月以内に(笑)

ヘッドライトをつけて登る。

ご来光5時20分

日本で3番目のこの奥穂でまたご来光が見れるなんて幸せだなと思った。
大切戸21
雲海で昨日歩いたルートがよく見える。
大切戸22
人間ってすごいなあと実感する。
足があればある意味どこでもいけるんだと…。


そしてまた太陽がこの日、一日、オイラを照らしてくれる。
ありがたい。。。
ジャンダルム
これからすすむジャンダルムにも朝日が照らす。

写真撮影終了し、朝食をとり西穂に向けて出発!!

さてさて、ここからが一番の勝負どころ!!
この登山で1番怖くて行きたかったけど一人じゃいけなかったところ♪

まずはジャンダルムに向けて出発。

の、前にオイラが一番怖いと思った場所。
馬の背。
大切戸23
初めて腰った。
両面断崖絶壁の切り立った岩場の上を馬の背に乗るようにわずかな足の踏み場を頼りに下りる。
一歩一歩が必死。
両手両足の先々に神経を尖らした。
どっちに落ちても助からない。
すごい高さのこの場所。
誰の助けも得られない。
ただ、ただ、自分の力のみのこの場所。
けど、ここはルートの一部なのでここを通らないと次へはいけない。
危険の意味がすごくわかった。
最初にいきなりくらった。
スノーボードのいきなり試し飛びなしで15mのキッカーを飛ばされるのと同じくらい怖かった。



そしてほっと一息。
目の前にジャンダルムが見え、上に人影が見える。
大切戸24

両面落ちたら絶対死ぬという岩場の尾根沿いを歩くが馬の背よりは怖い場所はなかった。
けど、すべてが必死でずっと気を抜けない。
ジャンダルムに到着。
大切戸25
初めての2ショット写真だと思われる。

そしてそのあとも、ずうーーーーーっと一歩一歩を気を引き締めながら歩いた。
足と手を使いこの一歩が自分の命と引き換えなのだとも思いながら。

大切戸26

大切戸27

大切戸28
天狗のコル、間ノ岳、そして気がつけば西穂まできていた。
大切戸29
時間もあっという間だった。

ほっと一息、ランチした。
1時だった。
登山のときはあまりご飯を食べると次に動くときに気分が悪くなるので特にランチはシリアルバーなどをいただくのだ。
やっとここまで帰ってきたという感動ともう少しでこの登山が終わってしまうというなんとなくさびしい気分が交じり合って複雑な気分だった。


ピラミッドピーク、独標、西穂山荘、新穂高ロープウェイ。
そして無事下山。
ロープ降りたのが4時半過ぎだったかな?

到着しちゃった。

現実に引き戻されたような不思議な感覚。
やっぱ山の上は別世界だと感じた。

ホテル穂高でお風呂に入り、平湯のマスタシュでオムライスを食べ、S村さんとまた必ず登りましょうと握手を交わし別れた。
彼がいなければ今回の大切戸やジャンダルムに行きたいけど行く勇気がなかった。
何度か経験済みのS村さんの支えがあったからこそ今回は無事に登山にいけて帰ってこれた。
ありがとうございます。
感謝しまくりです。


そしてずっと見守っていてくれた山の神に感謝です。
天気もずっとよく風も心地よく、すべてが最高でした。
しかも下山したらすぐに雲が出てきて、次の日は雨だったんですもの…。




なんともいえない最高の登山3日間。

すべてのことに感謝した、そして今まだ感謝中。

また新たに山が好きになった瞬間でした。


これからものぼりまーーーす♪



PS、この登山の2日後にジャンダルムで悲しい事故が起きました。

そしてニュースにはなってないかもしれませんが3日後に穂高岳山荘から奥穂に上がる道のはしごから滑って亡くなるという事故もありました。

とても驚き、本当に気をつけなければと実感しました。
登山は楽しいけど、危険を伴うもの。

気軽に考えていてはいけない、本当にそう思います。

槍ヶ岳から西穂高岳縦走 Vol.2

2日目

朝、4時半に起きた。

準備してヘッドライトつけて槍ヶ岳に登る。

いつもは山荘からのご来光。

せっかくなので槍ヶ岳の山頂から見てみたい!
というオイラの希望で登ることに。
ここでマギー登場!


感動の嵐だった。
やっぱここまでのぼって見るご来光はまた格別だった。
大切戸10
言葉が出なく綺麗な地球とここまでこれた元気な体に感謝した。
大切戸5
そして思うこと。
いつもと同じ太陽。
この日もいつもと変わらなく太陽が登る。
初日の出だってただ人間が考えた一年の最初の日に登るから初日の出。
太陽にはなんら別に関係ないんだなあと…。
なのにすごく特別に思える。
今日だけは特別な太陽なのかもと…。
不思議だなあ。

そして槍ヶ岳から槍ヶ岳山荘を見下ろす。
朝日でとても綺麗だった。
大切戸11


そして山荘まで戻りドイッチ(リュック)を拾い出発。
6時くらいだったかな?!

この日は
大喰岳→中岳→南岳→大切戸→北穂高岳→涸沢岳→穂高岳山荘
というルート。
何よりも大切戸!!

不安と楽しみが交じり合ってドキドキでした。

大喰岳をすぎ中岳到着。
大切戸6
まず、中岳で朝ごはんを食べた。
大切戸7
槍ヶ岳を見ながら朝食は最高!
そして天気も最高!
槍でいただける朝食のお弁当は中華ちまき風?で大好物のひとつです。
結構量が多いのでいつもランチにもなる。


満足して出発。

綺麗な景色を見ながらの初めてのルート。

やばーーーいとかすごーーいとかしか出ない。

衝撃を受けまくるこの道。
寿命が縮まるんではないかと思うくらい心が踊った。
まあ今から思えばこんなのはまだまだ序盤なのですが…。



そしてとうとうやってきました大切戸!
大切戸12
南岳から望む南岳山荘と大切戸!!

南岳山荘でお茶して心を落ち着かせてからの出発。
大切戸14
とうとうやってきたと足取りは軽かった。

やっぱりすげーーー!
と言いまくっていた。
こーーんな危ないところがいっぱいあった。
大切戸15

大切戸13

長い道のりのはずがあっという間だった。
長谷川ピークや飛騨泣きなど、ほぉーといってる間に終わっていた。
切り立った岩場がすごくかっこよかった☆
歩く道の脇には高山植物が咲いていた。
こんなところにもしっかりと生きている。
なんともいえない感動と癒しだった。
最後の切り立った北穂高岳山荘が真上に見えたときには心が躍った。
体力も全くもって元気いっぱい!!
まだまだ登れる。
というかこういった岩場、大好きなんだと実感した。

北穂山荘に到着。
振り返ると大切戸と槍ヶ岳。
歩いてきた道がはっきりとみえた。
大切戸9
1時だった。

北穂高岳山荘でS村さんお勧めのスパゲッティを注文。
北穂のパスタ

かなり美味!なのに槍ヶ岳から今まで歩いてきた道を望みながらのランチはさらに格別!

去年きた時はかなりの悪天候で全く景色が見えず。
ヒョウまで降るとう始末だった。
実はこんな景色が見えたのかと感動。

そして北穂の山頂を踏み凅沢岳へと向かう。
大切戸16
少し曇ってきた。
この道も去年はかなりの悪天候で雨風が強く無事に下山できますようにと祈りながら歩いた道。
晴れているとかなりの景色で晴れているからこそこうやって楽しく登れる。
去年、オイラよくがんばったと自分にほめた瞬間でもあった。


そうそう、こういう道だった。
去年はここに雪がついていて危険だったとか思い出しながら…。


下には凅沢のカールがとても綺麗に見えた。
大切戸17

そして凅沢岳に到着。
ガスが出てきて景色が半減。

やはり凅沢岳にはあまり好かれていないのかもと思わされたりして(笑)

そしてすこしするととても綺麗な雲が出現
大切戸18
まじ綺麗だったなあ。

無事に穂高岳山荘に到着。

4時ころだったかなあ?

受付して外に出た。
食料があまっていたので素泊まりにして外でご飯をいただいた。
お酒とつまみではじまった。
少しすると夕日が見えた。
笠ヶ岳と雲海と夕日。
大切戸19

大切戸20
なんともいえない夕日。
やはり綺麗だ。
すごーーいとしか言えなかった。
日の出から日の入りまで、見守っていてくれてありがとうございますとお礼を言いながら太陽は沈んでまた明日昇るんだなあと…。

ご飯を食べて寒くなったので中でお酒を飲みながらいろいろ語った。

S村さんとは実は3年前に槍に行くとき初めて会い、途中から一緒に登った。
そして夜、飲んでメロンをいただいた。
その時から連絡をとりなぜか会うときは9月の2週目の平日。
去年も9月の2週目の平日に双六で合流した。
今回も一緒に行ってくれる事になりその日も9月の2週目の平日にした。

コンディションも最高でこの日程を選んで正解だと思った。

何もかもが必然なんだと思った。




そして9時に消灯。

眠りについた。


つづく

槍ヶ岳から西穂高岳縦走 Vol.1

念願の槍ヶ岳から西穂高岳縦走、行ってまいりました。

9月7日から9日までの2泊3日
台風が近づいていて延期しようかとか悩んだ結果台風がそれてくれた。
ありがたい。。。

出発は新穂高温泉口
待ち合わせは6時
ん!?待ち合わせ!?
そうなんです!今回は単独ではないのです♪
一緒に行ってくれたのはS村さん。
今の私の山の師匠とでも申しましょうか…。
そして前回紹介した新人のドイターのザック35+10のドイッチと一緒に!
なかにはこれまた新人のマギーも入ってます。
かなりわくわくです。


そしてなんだかんだとオイラの準備不足で出発は6時半に。

3回目の槍ヶ岳まで歩く道。
もう慣れたような、なんともいえないこの槍平までの4時間の道のり。

途中で何回か休憩しながら、木々と川の癒しの道のり。
天気もよく最高!!
本当に自分で運がいいと思う。

相変わらず山って素敵だなあと実感。

そして飛騨沢のこの風景。
大切戸1
本当にハイジになった気分。

ゆっくりと登り、体はかなり元気。
実は最近、貧血ということが判明し、どうりで登山が辛かったり地面が回ったり、息切れが激しかったりとかいろいろな症状で悩まされていた。
体力不足だと自分で思っていた。
が、判明したときから薬を飲み、かなり回復したと思われる。
こんなに体が楽に登れるのって久しぶりだと嬉しかった。
自分にまだまだ体力があったと倍嬉しかった♪

大嫌いな虫もほとんどいなく楽々登れた。

山頂に着いたときは幸せだった。

また今年も来たよ!と槍ヶ岳に心で伝えた。


そしてこの日、雲海で逆さ槍が見えた。
大切戸2

大切戸3
けっこう珍しいことらしい。

そして夕日。
大切戸4
綺麗だった。



地球って本当に綺麗だと思った。
そしてそれをまた実感できたことがすごく嬉しかった。


槍ヶ岳は思い出の山なのでまたこれからも何回も訪れその度にまたおなじように感動するんだろうと思う。

そして晩御飯をいただいて自炊室で消灯までS村さんと飲んだ。

次の日から待ってい初めてのルート。
わくわくしないわけがない!!
寝れるかどうか心配だったがよく寝れた。


つづく

ニューカマー

20090906143014
最近また新しく夏山用のリュックが届きました

ドイターのエアーコンタクトライト35+10です。
(左のブルー)

山荘縦走用として愛用したいと思います。

ドイ美(真ん中の赤)の妹ですね
また名前考えなきゃ

右の小さいのも新しくリュックに入るリュックのマギーです。
リュックを置いてカメラや水などを持って登りたいとき用です。


そして明日からこのニューカマー2個と共に槍から西穂まで縦走してきまーす

台風もそれたみたいだし、よかったぁ

天気に恵まれますように

最近のはまりもの

20090906001134
今、パソコンが衣笠家に入院中。

ということで携帯からのアップでございます。

色々ブログにのせたいことがありますが、最近まじめっちゃはまってるものがあります。

こんな田舎の山奥にこんな素敵な食べ物発見


ホテル焼岳の中にあるインド料理店。

中には本場の職人さんがいてかなり素晴らしいカレーでもてなしてくれる

ここ最近で三回行きました

やばいです。


ちなみに不定休なので電話してからでないと行けない…

けど夜は11時半までやっている。
仕事終わってから行けるという最高のカレー屋
しかも私好みに辛くないのもあるのだ


最近の中でNO1です

秋だった

急用ができてお休みをいただいて実家に少しだけ帰った。


ETC割引を使い日曜の夜、ぎりぎりに高速に乗り実家へ。
もちろん到着は夜中。。。というより朝方。


久々の実家は秋だった。

すごしやすい季節になっていた。
今日は涼しいなあと言っていた。
いいときに帰ってきたのかもしれないなあ。


気になっていたまる
09.9実家2
相変わらず可愛かった。
09.9実家
はげも消えていて毛並みがよくなっていた。
ほっとした。

そして家から見える景色
09.9実家3
稲の先が垂れ下がり秋になっていた。


岐阜のアルプスもいいけど実家も素敵だなあと実感した。



けど、岐阜は毛布に羽毛布団。
秋を通り越してそろそろ冬だ。


また明日の朝、岐阜にもどります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。