プロフィール

HIROKO TERASHITA

Author:HIROKO TERASHITA
スノーボードに惹かれ、大阪(堺市)から北海道に移住

以前はプロスノーボーダーとして選手活動していました。
スノーボードクロスでトリノを目指し、ナショナルチームにもなりましたが、3年ほど後、選手を引退しました
その直後に胃癌が発覚!
即手術しましたが、発見が早いのと若かった為、その冬のシーズンにはスノーボードしていました
今はもう5年以上たち再発はありません。
その後もインストラクターやコーチ、イベント主催などをしながら、メインスポンサーであるDROPS SURFにてカリスマ店員などをし、スノーボードに携わる生活をしておりました
15年ほど北海道と大阪、たまに岐阜県高山市を行き来していましたが、2013年のスノーボードシーズンを終了を機会にに大阪に戻る事を決意!

帰ってすぐに、将来を共に過ごしたいと思う男性と出会い、2013年11月23日に結婚し「宮本ひろ子」となりました

最近は登山にはまっています

自分の思うとおり自由気ままにいきたい!
スノーボードや登山などの楽しいことを伝えていきたい!
楽しいことで出てくる笑顔がみんなに伝染しますように★

スポンサー

メイン..........DROPS SURF

SNOW BOARD.....YONEX(SMOOTH)

バイン.........UNION

ブーツ........DEELUX

WEAR..........BURTON(SHOP-GIRL)

ビーニー..........Maather396

GOGGLE......TERMINAL

GROVE........BURTON(SHOP-GIRL)

アパレル系.......Maather396
..................TERMINAL
..............BURTON(SHOP-GIRL)

バックパック・・・・deuter(IWATANI PRIMUS)

塗装系.........Azumerry prezents

その他..........LODGE (網走)
..................木村自動車(堺、泉田中)
..................QUEST(栃木)

Flashカレンダー
最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北穂高岳登山

10、11、12の3日間で登山にいった。

しかも1日目は朝食の仕事が終わってからの山ということで色々考えた結果!!

1日目 新穂高→平湯→上高地(バスで移動)
     上高地(バスターミナル)→明神→徳沢→横尾山荘
     横尾山荘で宿泊

2日目 横尾山荘→涸沢→北穂高山頂→北穂高小屋泊

3日目 北穂高高小屋→涸沢岳→穂高岳山荘→白出沢→右俣林道→下山

そして出発の朝、仕事をしていると、急におなかの調子が・・・
3回以上トイレに駆け込む事態に・・・
とりあえずおさまったのでよしとした。

そして出発1時間半前。
支配人より、ピッケルとアイゼンいるんじゃないか!?
ということに・・・
急遽色々電話などした結果、お借りできた。
ある人に要らないよという話を信じ過ぎていたばかりに・・・。
けど、なんとか!
1時間バスが遅れたが無事上高地まで到着。
歩いて約2時間半くらいかな?
横尾山荘に到着。
その途中にもう一つ事件発生!!
一眼レフのメモリーカードが入ってない・・・。
終わった。ただの使えない重たい機械になってしまった。

ということで携帯のカメラのみ!
PA0_0157.JPG
横尾山荘の晩御飯。
槍ヶ岳山荘よりもかなり美味しかった。
しかも!!
PA0_0159.JPG
お風呂があるのだ!!
もちろん洗剤系は駄目ですが。
ベッドは窓から前穂高がバリ!!っとよく見える場所。
夜は一人で缶チューハイを購入して(400円、高いねえ)そのまま気持ちよく寝た。

次の日、朝ご飯をいただき、出発した。
横尾谷の横を通り屏風岩を見ながら!
PA0_0156.JPG
初屏風岩です。
広大だった。
屏風ノ頭や屏風ノ耳を見ながら涸沢に到着。
PA0_0181.JPG
涸沢ヒュッテの吹流しの奥に北穂が。。。見えそうで見えない。。。
山頂がガスかかってます。
休憩してまた涸沢小屋横の雪の坂を直登。
ここ、結構辛かった。
食べてすぐに動いたからか気分悪くなり休憩した。
元気になりまた登山開始。
鎖場などを越えて南稜テラスへ
いい斜度なんだなあ・・・
PA0_0176.JPG
景色もいいなあ。
サスガだ・・と思いながら登っていく
すると目の前に
PA0_0174.JPG
雷鳥あらわる!しかも雄と雌のつがいで!
逃げないんだなあ。
松ナミ岩がある。それと一緒に雪もある。
ビビリながらトレースして無事北穂岳山頂に到着。
PA0_0172.JPG

なんと北穂高小屋はすぐ横に!!
PA0_0171.JPG
ちょっと前に雨がぱらついてきていたのでありがたかった。
小屋に到着して少しすると雨が激しくなった!
いいタイミングだ!!
けど、ガスもかかっていて絶景が見えない・・・。
しょうがないからコーヒーでも優雅にいただいた。
PA0_0170.JPG
うーーん幸せ♪

晩御飯は豚肉のしょうが焼きだった。
嬉しくて写真忘れてしまいました。
一緒にこの小屋に宿泊した「今井さん」という横浜から来たおじさん。
カメラが好きで登山とカメラにはまって15年目だという。
やはりこの穂高連峰が好きで年に5回くらいはカメラを持ってゆっくり登山しにくるという。
このおじさんがガスも晴れないのでしょうがないといいワインを購入。
そして一緒に飲もうとおごってくれた。
PA0_0168.JPG
しかもこのワイン、北穂のラベルがついてるんですよ!
美味しかったああ♪
外は雷が鳴り、ヒョウまで降った。
ここはすごいところだ・・・。
明日晴れればいいなあと思いながら就寝。


朝起きたけどガスは晴れず・・・。
しかも風強い・・・
朝食5時半。
少し待つがあまり天気は変わらず。
しょうがなく出発した。(7時)
とりあえず涸沢岳をぬけて穂高岳山荘へむかうことにした。

すごい風だ・・・ガスもぬけない。
いったい何が楽しいのかわからずとりあえず必死に先へ先へと足を運ぶ。
神様、仏様、無事に私を下山させてくださいと願ったりもした(マジデ)
北穂岳から最低のコルを通り亀岩を通り過ぎたらしいのだがよくわからず。。。
涸沢岳前にはびっくりするようなクサリとはしご。
どこ通るの?!とビックリするようなところに丸印とクサリがあったりと。。。
まじ気を抜いたら簡単に死ねる場所だった。
足場は濡れてるし風は強いし、初めてだからチョーびびってるし・・・。
何とか涸沢岳に到着。
PA0_0167.JPG

涸沢岳までのまじヤバイ道?!がけ?!を撮ろうと思ったけどそれどころじゃなかった。。。
奥穂と西穂の間はもっと険しいらしい・・・。
すごいよなあ・・・。


穂高岳山荘に到着。

白出沢はかなり人通りも少なく初めてなら迷うかも、危険だという話も聞きながら、大丈夫じゃない?!という案もありながらどうしようか色々考えた結果、やはり白出沢を下ることに。
アイゼンとピッケルを装備して下り始めた。
本当は奥穂高岳も登ってから下山と最初は考えていたけれどそんな余裕は私には無かった。
今はとりあえず安全に無事に下山することしか考えていなかった。

ということで下山。

テンポよく下っていく。
PA0_0166.JPG
この雪道の真ん中に黒く動く物体がいた。
最初は熊かとびびったがよく見るとカモシカだった。
熊鈴をガンガン鳴らしたら逃げていった。
小屋の人たちの話の通りスノーブリッジがあったり、ブルーシートかかった何かがあったりと・・・
ん!?迷うところなんてなかったような・・・。
と思いながら無事に下山。
あのありがたい話のお陰だなあ。
そして心して下山したことがよかったのかも!

とりあえず無事下山。
今回は山の怖さをあらためて知った。
何よりあの稜線沿いの暴風の怖いこと!
けど、飛騨から吹く風は強かったけど、ある意味すごく助けられたような気がします。
登りが急なところでは下から上げてくれるような風が吹いたり、長野側にいて飛騨側に行く少し前には風がきついよと知らせてくれるような風が吹いたりと!
なんだかよくわかりませんが多分山の神様に守られていたような気がします。
けど、晴れなかったし、、、全景がチラチラしかみえなかったけどねえ。。。
けど、たまに見えた全景にはちょっと感動しました。

次また、狙うぞおおおお!


スポンサーサイト

コメント

 スリリングな登山になりましたね。
 7月なのに雪が残っている季節外れ感がすごい。

 カメラがただの重い荷物になった時の
 重量感はこたえた事でしょう。

 山は、美しさと自然の厳しさが
 背中合わせになってますね。

 無事に下山できてなによりです。
 

なんか読んでるだけでもコワイです・・・。何もなく下山できてなにより♪
雷鳥を見れたら何か良い事あるって鳥ですかね??

スノボのシーズンオフは山登りってホンマ、山が好きやなー(笑)

それにしても緑に囲まれた山の景色もきれいやなー。


takくん>
いい勉強になりました。
忘れ物リストを作るようにもなったし、天気が悪い山ってすごいんだということも体をはってしりました。
今思い出しても辛い思い出ばかりが思い出されます(笑)

けど、また登りたいんですよねえ・・・。

ふみこ>
雷鳥は天然記念物だよ。
今では貴重な鳥です。
北アルプスってすごいよ。
綺麗だけじゃなくかっこいいんだよお。

みず>
おいらは山が大好き。
ほんま自分でも実感するわ。
下りは滑ってしか降りてないから下山は足にきますわ。
ここはまじ綺麗なとこだよお。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。