プロフィール

HIROKO TERASHITA

Author:HIROKO TERASHITA
スノーボードに惹かれ、大阪(堺市)から北海道に移住

以前はプロスノーボーダーとして選手活動していました。
スノーボードクロスでトリノを目指し、ナショナルチームにもなりましたが、3年ほど後、選手を引退しました
その直後に胃癌が発覚!
即手術しましたが、発見が早いのと若かった為、その冬のシーズンにはスノーボードしていました
今はもう5年以上たち再発はありません。
その後もインストラクターやコーチ、イベント主催などをしながら、メインスポンサーであるDROPS SURFにてカリスマ店員などをし、スノーボードに携わる生活をしておりました
15年ほど北海道と大阪、たまに岐阜県高山市を行き来していましたが、2013年のスノーボードシーズンを終了を機会にに大阪に戻る事を決意!

帰ってすぐに、将来を共に過ごしたいと思う男性と出会い、2013年11月23日に結婚し「宮本ひろ子」となりました

最近は登山にはまっています

自分の思うとおり自由気ままにいきたい!
スノーボードや登山などの楽しいことを伝えていきたい!
楽しいことで出てくる笑顔がみんなに伝染しますように★

スポンサー

メイン..........DROPS SURF

SNOW BOARD.....YONEX(SMOOTH)

バイン.........UNION

ブーツ........DEELUX

WEAR..........BURTON(SHOP-GIRL)

ビーニー..........Maather396

GOGGLE......TERMINAL

GROVE........BURTON(SHOP-GIRL)

アパレル系.......Maather396
..................TERMINAL
..............BURTON(SHOP-GIRL)

バックパック・・・・deuter(IWATANI PRIMUS)

塗装系.........Azumerry prezents

その他..........LODGE (網走)
..................木村自動車(堺、泉田中)
..................QUEST(栃木)

Flashカレンダー
最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳から西穂高岳縦走 Vol.2

2日目

朝、4時半に起きた。

準備してヘッドライトつけて槍ヶ岳に登る。

いつもは山荘からのご来光。

せっかくなので槍ヶ岳の山頂から見てみたい!
というオイラの希望で登ることに。
ここでマギー登場!


感動の嵐だった。
やっぱここまでのぼって見るご来光はまた格別だった。
大切戸10
言葉が出なく綺麗な地球とここまでこれた元気な体に感謝した。
大切戸5
そして思うこと。
いつもと同じ太陽。
この日もいつもと変わらなく太陽が登る。
初日の出だってただ人間が考えた一年の最初の日に登るから初日の出。
太陽にはなんら別に関係ないんだなあと…。
なのにすごく特別に思える。
今日だけは特別な太陽なのかもと…。
不思議だなあ。

そして槍ヶ岳から槍ヶ岳山荘を見下ろす。
朝日でとても綺麗だった。
大切戸11


そして山荘まで戻りドイッチ(リュック)を拾い出発。
6時くらいだったかな?!

この日は
大喰岳→中岳→南岳→大切戸→北穂高岳→涸沢岳→穂高岳山荘
というルート。
何よりも大切戸!!

不安と楽しみが交じり合ってドキドキでした。

大喰岳をすぎ中岳到着。
大切戸6
まず、中岳で朝ごはんを食べた。
大切戸7
槍ヶ岳を見ながら朝食は最高!
そして天気も最高!
槍でいただける朝食のお弁当は中華ちまき風?で大好物のひとつです。
結構量が多いのでいつもランチにもなる。


満足して出発。

綺麗な景色を見ながらの初めてのルート。

やばーーーいとかすごーーいとかしか出ない。

衝撃を受けまくるこの道。
寿命が縮まるんではないかと思うくらい心が踊った。
まあ今から思えばこんなのはまだまだ序盤なのですが…。



そしてとうとうやってきました大切戸!
大切戸12
南岳から望む南岳山荘と大切戸!!

南岳山荘でお茶して心を落ち着かせてからの出発。
大切戸14
とうとうやってきたと足取りは軽かった。

やっぱりすげーーー!
と言いまくっていた。
こーーんな危ないところがいっぱいあった。
大切戸15

大切戸13

長い道のりのはずがあっという間だった。
長谷川ピークや飛騨泣きなど、ほぉーといってる間に終わっていた。
切り立った岩場がすごくかっこよかった☆
歩く道の脇には高山植物が咲いていた。
こんなところにもしっかりと生きている。
なんともいえない感動と癒しだった。
最後の切り立った北穂高岳山荘が真上に見えたときには心が躍った。
体力も全くもって元気いっぱい!!
まだまだ登れる。
というかこういった岩場、大好きなんだと実感した。

北穂山荘に到着。
振り返ると大切戸と槍ヶ岳。
歩いてきた道がはっきりとみえた。
大切戸9
1時だった。

北穂高岳山荘でS村さんお勧めのスパゲッティを注文。
北穂のパスタ

かなり美味!なのに槍ヶ岳から今まで歩いてきた道を望みながらのランチはさらに格別!

去年きた時はかなりの悪天候で全く景色が見えず。
ヒョウまで降るとう始末だった。
実はこんな景色が見えたのかと感動。

そして北穂の山頂を踏み凅沢岳へと向かう。
大切戸16
少し曇ってきた。
この道も去年はかなりの悪天候で雨風が強く無事に下山できますようにと祈りながら歩いた道。
晴れているとかなりの景色で晴れているからこそこうやって楽しく登れる。
去年、オイラよくがんばったと自分にほめた瞬間でもあった。


そうそう、こういう道だった。
去年はここに雪がついていて危険だったとか思い出しながら…。


下には凅沢のカールがとても綺麗に見えた。
大切戸17

そして凅沢岳に到着。
ガスが出てきて景色が半減。

やはり凅沢岳にはあまり好かれていないのかもと思わされたりして(笑)

そしてすこしするととても綺麗な雲が出現
大切戸18
まじ綺麗だったなあ。

無事に穂高岳山荘に到着。

4時ころだったかなあ?

受付して外に出た。
食料があまっていたので素泊まりにして外でご飯をいただいた。
お酒とつまみではじまった。
少しすると夕日が見えた。
笠ヶ岳と雲海と夕日。
大切戸19

大切戸20
なんともいえない夕日。
やはり綺麗だ。
すごーーいとしか言えなかった。
日の出から日の入りまで、見守っていてくれてありがとうございますとお礼を言いながら太陽は沈んでまた明日昇るんだなあと…。

ご飯を食べて寒くなったので中でお酒を飲みながらいろいろ語った。

S村さんとは実は3年前に槍に行くとき初めて会い、途中から一緒に登った。
そして夜、飲んでメロンをいただいた。
その時から連絡をとりなぜか会うときは9月の2週目の平日。
去年も9月の2週目の平日に双六で合流した。
今回も一緒に行ってくれる事になりその日も9月の2週目の平日にした。

コンディションも最高でこの日程を選んで正解だと思った。

何もかもが必然なんだと思った。




そして9時に消灯。

眠りについた。


つづく
スポンサーサイト

コメント

Vol.1の写真は本当にアルプスの写真みたいe-94
そしてVol.2の「歩いてきた道がはっきりみえた」が、私にはさっぱり見えず、「どこ歩いてきたの?あぶな~い。こわ~い。」と心で叫んでしまいましたe-350

shopgirl-3さんへ

本当にアルプスの少女ハイジの気分ですよ。
どこからともなくユキちゃんがでてきそうで(笑)

歩いてきた道・・・見えませんでしたか?
やっぱ現に歩いたからこそ見える道なのでしょうか?
山はなかなか素敵ですよ☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。