プロフィール

HIROKO TERASHITA

Author:HIROKO TERASHITA
スノーボードに惹かれ、大阪(堺市)から北海道に移住

以前はプロスノーボーダーとして選手活動していました。
スノーボードクロスでトリノを目指し、ナショナルチームにもなりましたが、3年ほど後、選手を引退しました
その直後に胃癌が発覚!
即手術しましたが、発見が早いのと若かった為、その冬のシーズンにはスノーボードしていました
今はもう5年以上たち再発はありません。
その後もインストラクターやコーチ、イベント主催などをしながら、メインスポンサーであるDROPS SURFにてカリスマ店員などをし、スノーボードに携わる生活をしておりました
15年ほど北海道と大阪、たまに岐阜県高山市を行き来していましたが、2013年のスノーボードシーズンを終了を機会にに大阪に戻る事を決意!

帰ってすぐに、将来を共に過ごしたいと思う男性と出会い、2013年11月23日に結婚し「宮本ひろ子」となりました

最近は登山にはまっています

自分の思うとおり自由気ままにいきたい!
スノーボードや登山などの楽しいことを伝えていきたい!
楽しいことで出てくる笑顔がみんなに伝染しますように★

スポンサー

メイン..........DROPS SURF

SNOW BOARD.....YONEX(SMOOTH)

バイン.........UNION

ブーツ........DEELUX

WEAR..........BURTON(SHOP-GIRL)

ビーニー..........Maather396

GOGGLE......TERMINAL

GROVE........BURTON(SHOP-GIRL)

アパレル系.......Maather396
..................TERMINAL
..............BURTON(SHOP-GIRL)

バックパック・・・・deuter(IWATANI PRIMUS)

塗装系.........Azumerry prezents

その他..........LODGE (網走)
..................木村自動車(堺、泉田中)
..................QUEST(栃木)

Flashカレンダー
最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳から西穂高岳縦走 Vol.3

3日目

4時少し前に起床

準備して4時半前に奥穂に向けて出発。
もちろんご来光を見るためだ。

今年3回目の奥穂高岳。
しかもここ1ヶ月以内に(笑)

ヘッドライトをつけて登る。

ご来光5時20分

日本で3番目のこの奥穂でまたご来光が見れるなんて幸せだなと思った。
大切戸21
雲海で昨日歩いたルートがよく見える。
大切戸22
人間ってすごいなあと実感する。
足があればある意味どこでもいけるんだと…。


そしてまた太陽がこの日、一日、オイラを照らしてくれる。
ありがたい。。。
ジャンダルム
これからすすむジャンダルムにも朝日が照らす。

写真撮影終了し、朝食をとり西穂に向けて出発!!

さてさて、ここからが一番の勝負どころ!!
この登山で1番怖くて行きたかったけど一人じゃいけなかったところ♪

まずはジャンダルムに向けて出発。

の、前にオイラが一番怖いと思った場所。
馬の背。
大切戸23
初めて腰った。
両面断崖絶壁の切り立った岩場の上を馬の背に乗るようにわずかな足の踏み場を頼りに下りる。
一歩一歩が必死。
両手両足の先々に神経を尖らした。
どっちに落ちても助からない。
すごい高さのこの場所。
誰の助けも得られない。
ただ、ただ、自分の力のみのこの場所。
けど、ここはルートの一部なのでここを通らないと次へはいけない。
危険の意味がすごくわかった。
最初にいきなりくらった。
スノーボードのいきなり試し飛びなしで15mのキッカーを飛ばされるのと同じくらい怖かった。



そしてほっと一息。
目の前にジャンダルムが見え、上に人影が見える。
大切戸24

両面落ちたら絶対死ぬという岩場の尾根沿いを歩くが馬の背よりは怖い場所はなかった。
けど、すべてが必死でずっと気を抜けない。
ジャンダルムに到着。
大切戸25
初めての2ショット写真だと思われる。

そしてそのあとも、ずうーーーーーっと一歩一歩を気を引き締めながら歩いた。
足と手を使いこの一歩が自分の命と引き換えなのだとも思いながら。

大切戸26

大切戸27

大切戸28
天狗のコル、間ノ岳、そして気がつけば西穂まできていた。
大切戸29
時間もあっという間だった。

ほっと一息、ランチした。
1時だった。
登山のときはあまりご飯を食べると次に動くときに気分が悪くなるので特にランチはシリアルバーなどをいただくのだ。
やっとここまで帰ってきたという感動ともう少しでこの登山が終わってしまうというなんとなくさびしい気分が交じり合って複雑な気分だった。


ピラミッドピーク、独標、西穂山荘、新穂高ロープウェイ。
そして無事下山。
ロープ降りたのが4時半過ぎだったかな?

到着しちゃった。

現実に引き戻されたような不思議な感覚。
やっぱ山の上は別世界だと感じた。

ホテル穂高でお風呂に入り、平湯のマスタシュでオムライスを食べ、S村さんとまた必ず登りましょうと握手を交わし別れた。
彼がいなければ今回の大切戸やジャンダルムに行きたいけど行く勇気がなかった。
何度か経験済みのS村さんの支えがあったからこそ今回は無事に登山にいけて帰ってこれた。
ありがとうございます。
感謝しまくりです。


そしてずっと見守っていてくれた山の神に感謝です。
天気もずっとよく風も心地よく、すべてが最高でした。
しかも下山したらすぐに雲が出てきて、次の日は雨だったんですもの…。




なんともいえない最高の登山3日間。

すべてのことに感謝した、そして今まだ感謝中。

また新たに山が好きになった瞬間でした。


これからものぼりまーーーす♪



PS、この登山の2日後にジャンダルムで悲しい事故が起きました。

そしてニュースにはなってないかもしれませんが3日後に穂高岳山荘から奥穂に上がる道のはしごから滑って亡くなるという事故もありました。

とても驚き、本当に気をつけなければと実感しました。
登山は楽しいけど、危険を伴うもの。

気軽に考えていてはいけない、本当にそう思います。

スポンサーサイト

コメント

お疲れさまです

大キレットにジャンダルム
私はまだまだ行けないので、めちゃくちゃドキドキしながら読みました天気に恵まれて最高でしょうね
馬の背ヒロちゃんが15mキッカー飛ぶくらいなら私一生行けないかも
涸沢の紅葉みたいけど小屋泊は厳しいので二の足を踏んでしまいます事故には気をつけてくださいね

りえちゃんへ

大切戸にジャンはまじすごかった♪
すごいいい体験したよお☆

馬の背、いつかは一緒にいけたらいいねえ♪
凅沢の紅葉・・・いいなあ♪
私もいきたーーい☆
小屋泊はだめなの?
親子でいっちゃえーー!

紅葉時期の涸沢はめちゃくちゃ混み合うので横を向いて寝て寝返りもできないのが
来年の夏は表銀座行きたいと考え中です

りえちゃんへ

なるほどおお。
そうかあ。
混むのねえ。。。
山にまで行っての混雑はいやだものねえ。
今度テント泊一緒にする!?

私テント持ってないんです

無事下山されたようで何よりです。
ショッキングなニュースが飛び込んできて
心配してました。

私達も立山で雲海に沈む夕日を見ることができました。
自然に癒されるって本当に素晴らしい事だと思います。

これからも自分のレベルで楽しめる範囲で、
自然と関わっていきたいと思います。

次回は10月3日、4日涸沢です。
紅葉には少し早いのですが
それなりに楽しんでこようと思っています。

りえちゃんへ

そうかあ・・・。
じゃあ、今度、シュラフとマットなどを購入したら一緒にテントで寝てみようか!
☆見よ!

としぴんさんへ
完全に登山にはまりましたね!
今度、よかったら私にプランニングさせてくれませんか?
凅沢もいいですよねえ。
紅葉シーズンは混んでるけど、それはやっぱり紅葉をみるには欠かせませんよね。
としぴんさんも一緒にテント泊練習しますか?
いいですよお!

いやいや。すごいですね。

尊敬・・・あこがれちゃいます。
いつかいつか、体力のあるうちに、家庭を持つ前に・・・
行ってみたいかな。

素敵な感動、感じた思い、私も考えさせられました。ありがとう。

テント泊なんて経験したら
益々山にはまってしまいそうですね。

プランニングの件、是非お願い致します。

こくーんへ
やっぱ北アルプスはいいなあと実感した
というより山がいい!
畳平ではクマが出没してかなりの被害だったね。
ちょっとびっくりしました。
気をつけなければ。。
縦走!!やるよ!!


としぴんさんへ
テント、買ったら一緒に一度いってみますか!?
なかなか楽しいですよお。
というよりそっちのほうがはまるかも♪
あのあたりの縦走ならぜひプランニングさせていただきまーす。

雲海やご来光の写真に感動しました。でも、そんな感動的な場所にたどり着くためには、馬の背のような命がけの場所を通らなくてはならないのですね。今回は一緒に登る人がいてよかったけれど、1人のときは心配です。
お疲れさまでした!

shopgirl-3さんへ

ありがとうございます。
この景色は必ずこんな険しい道を通るってわけでもないんですよ!
ちょうどNHKでジャンダルムやってました。
メールや連絡をいただきました。
なんだか自分が通ってきたって不思議な感覚でした。
もっと簡単な道でこんな景色みれますよ。
体力勝負とあと、行く山にもよりますが。
夏も冬も山は最高です!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。