プロフィール

HIROKO TERASHITA

Author:HIROKO TERASHITA
スノーボードに惹かれ、大阪(堺市)から北海道に移住

以前はプロスノーボーダーとして選手活動していました。
スノーボードクロスでトリノを目指し、ナショナルチームにもなりましたが、3年ほど後、選手を引退しました
その直後に胃癌が発覚!
即手術しましたが、発見が早いのと若かった為、その冬のシーズンにはスノーボードしていました
今はもう5年以上たち再発はありません。
その後もインストラクターやコーチ、イベント主催などをしながら、メインスポンサーであるDROPS SURFにてカリスマ店員などをし、スノーボードに携わる生活をしておりました
15年ほど北海道と大阪、たまに岐阜県高山市を行き来していましたが、2013年のスノーボードシーズンを終了を機会にに大阪に戻る事を決意!

帰ってすぐに、将来を共に過ごしたいと思う男性と出会い、2013年11月23日に結婚し「宮本ひろ子」となりました

最近は登山にはまっています

自分の思うとおり自由気ままにいきたい!
スノーボードや登山などの楽しいことを伝えていきたい!
楽しいことで出てくる笑顔がみんなに伝染しますように★

スポンサー

メイン..........DROPS SURF

SNOW BOARD.....YONEX(SMOOTH)

バイン.........UNION

ブーツ........DEELUX

WEAR..........BURTON(SHOP-GIRL)

ビーニー..........Maather396

GOGGLE......TERMINAL

GROVE........BURTON(SHOP-GIRL)

アパレル系.......Maather396
..................TERMINAL
..............BURTON(SHOP-GIRL)

バックパック・・・・deuter(IWATANI PRIMUS)

塗装系.........Azumerry prezents

その他..........LODGE (網走)
..................木村自動車(堺、泉田中)
..................QUEST(栃木)

Flashカレンダー
最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山行 (6) 羊蹄山

とうとう、なんだかんだと今年の夏山、6回目となりました。


今回は前々からずっと約束していた、ツッキーのお誘いで、羊蹄山に行ってまいりました。


前日より、ベースでテント張って、朝一登るという予定。



DROPS 終わってからのニセコ向かう


羊蹄山は4つ登山口がある。

真狩側からは登ったことあった。

京極からは冬に。
詳しくはコチラ→2008年3月羊蹄山の記事へ

そしてヒラフ側からも冬に。
詳しくはこちら→2009年3月ニセコトリップの記事へ

喜茂別側からはまだなし。

で、今回はヒラフ側から上りました。

冬しか登ってないので、どういう風に風景が違うのか楽しみだった。

朝、5時40分、出発。

メンバー
ツッキー、ナオチャン、タマキさん、キョウヘイサン、タクミ君、サワ君、私の7名
2010羊蹄山1

こんな感じの看板が登山口にあった。
2010羊蹄山2

最初はゆっくりの登山道が続く。

そしてちょっとするとだんだんのぼりが、、、
2010羊蹄山4

そして後はひたすら登る。登る。登る。。。

笠新道を思い出した、、、。

しかも途中、木々が切れてもガスっていて景色が見えず。

どのくらい上がっているのか解らず。。。

けど、登らなきゃいけない!

途中、キモいキノコ発見
2010羊蹄山3
数がすごすぎる!!


9合目にてやっと楽しくなってきた。

ここで約4時間弱

森林限界近くなってしかも天気もよくなった。

雲海でした。
しかもお花がいっぱい
2010羊蹄山8

ウラジロタデ
2010羊蹄山6

イワベンケイ  しかも私の大好きな水滴たっぷりバージョン☆
2010羊蹄山7

ハイオトギリ
2010羊蹄山10

クルマユリ
2010羊蹄山11

オダマキ
2

まだまだたくさんのお花があったヨ。

あともうちょっと。
2010羊蹄山12

2010羊蹄山14

そしてお鉢に到着。

倶知安口の分岐点です。
2010羊蹄山16

とりあえずおなかすいたのでご飯。

食べてる隣にイワブクロが咲いていて、そしてまたもや発見!

しろいミツバです。
2010羊蹄山15
また白いものシリーズですね。
名前あるんでしょうか?!


そしてとりあえずおなかを満たし、お鉢めぐりを。
2010羊蹄山126

綺麗ですねえ☆
2010羊蹄山18
雲がまた素敵ですねえ。

ちょっと北アルプスを思い出す。
2010羊蹄山19

雲を横に見ての道
2010羊蹄山20

そして山頂に到着!!


と、この写真がなんと、私としたことが、撮ってない!!


だから、後におくってもらうことになったので、後にUPします。。。



そしてぐるっと周った。

エゾノツガザクラ
2010羊蹄山21

キバナシャクナゲの群生地
2010羊蹄山22

チシマフウロ
2010羊蹄山23

他にもシラネアオイやイワギキョウ、ハクサンチドリなどなどもありました。



下山はさすがに膝が辛かった。。。


ゆっくり降りた。
3時間半だった。

登り4時間とお鉢周りが1時間。


一日満足しました。



さすがに疲れた。。。



温泉入って、侍のスープカレー食べて、帰宅。



さすがにお疲れでした。


そして本日、雨です。

すっごいイイタイミングだったと思う


日ごろの行いがいいとしよう☆



次は知床岳です。
スポンサーサイト

コメント

No title

綺麗な山で絶景やね~!
ヒロちゃんのカメラの腕も上がってますなぁ、
めっちゃ上手に撮ってるやん!

ちょっとしたニュースやけど、
アシックスがスウェーデンの老舗アウトドアメーカーのホグロフスを買収したみたいやでぇ。

No title

かなりの標高差がありそうですね!
それにしても絶景☆お花の写真がどれもこれも素敵で、こちらの中国地方でもみられる花があると、なぜか嬉しい(笑)
羊蹄山はさすがに雪が残ってるんですね、これまた興奮♪

てんちゃんへ

蝦夷富士と呼ばれる山で本当に富士山みたいなのおかげで全身筋肉痛です
花きれいだったぁ
本州でみた花がこっちでも見れて興奮するよねわかるぅー
また来週と月末いくのよ
いっぱい写真撮ってくるね

ありちゃんへ

カメラの腕あがってる?
うれしーー
けど気の向くまま撮ってるだけやねん
今、滴にはまり中
いつも虫や花などでお世話になってます
そしてあのきもい虫、噛むんやね首長くてキモかった
そしてホグロフス、吸収されちゃうんや
アシックスすげーー

No title

フォト!GOOD♪
撮りつづけてる?凄くいいねぇー。

ご無沙汰してます

お久しぶりです!

私も雪を抱いた羊蹄山しか知りませんでしたが
綺麗な花が沢山咲いているんですね!

私は7月末に御嶽山、8月には富士登山に再び挑んできます。
和歌山に通いだして1ヵ月半経ち、生活パターンにはようやく
慣れてきましたが、往復約3時間の車の運転はさすがにきついです!

体も心配ですが、会社の方がそれ以上にかなり心配な状況です。

No title

ひさびさに覗いてみたら、なんじゃこりゃーv-355!!
すごいキレイな写真のオンパレードで清々しい気分にさせてもらいましたe-491
私もこんなキレイなお空が見たいよぉ~!!
でも登山できる体力はもう…なので、ヒロさま、いっぱい撮ってまた見せてねv-212

No title

ヒノハジメニコさんへ
撮ってますよ!!
ほめられると伸びるタイプなのでww

うれしーー☆


トシピンさんへ
お久しぶりです。
元気か気になってました!
3時間ですかあ・・・やばいですね・・・
会社もやばいか・・・
がんばってください!

そして御岳に富士山、いいですね。
御嶽山はどこからのぼるんですか?

また日記のぞきにいきまーす☆


ねごりんへ
まだまだ、あなたもお山いけますよ。
今度、金剛山にでもいく?

また、写真いっぱい載せるのでみてねえ。
一眼レフの力発揮します!

お疲れ様!

後方羊蹄山お疲れ様!
後方羊蹄山(しりべし)とも読むらしいよ。
後方(しりべ)で羊蹄(し)と読む見たい。

ちなみに、これに対して尻別岳を前方羊蹄山と呼ぶらしい。
登るしかないね!W

翌週トムラウシにアタックしたけど、天気は最悪!
でも、さすがはトムラウシ!
十分楽しめたよ!!

たくみくんへ

おつかれでした★

羊蹄、ありがとでした。
くだりの遅い私に付き合ってくれてThank Youでした。

トムラウシ、残念でしたね。けど、ちゃんと登ったんだ!
さすがです。

尻別、のぼりたい!
もし、機会会ったら誘ってみてくださいな★

タイミング合えば是非!

来週、斜里にしました。
雌阿寒は時間がなさそうなのでやめときます。

またねえ♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。